東京東信用金庫

金融機関コード:1320
  • 反社会的勢力の排除について
  • 「金融犯罪」にご注意ください

ATMでの通帳磁気ストライプの修復機能の追加について

2017年6月23日
東京東信用金庫




ATMでの通帳磁気ストライプの修復機能の追加について


 東京東信用金庫では、お客さまの利便性向上を目的として、ATMでお客さまご自身の操作により、通帳磁気ストライプを修復する機能を追加しましたので、お知らせいたします。

1.実施日

  平成29年6月23日(金)

2.概要

   ATMで通帳を使用する取引において、通帳の磁気ストライプが読み取り不能で使用できない場合に、従

  来は営業店窓口でのみ対応しておりましたが、新機能により窓口営業の時間外や休日等においても、お客さ

  まご自身のATM操作により修復することが可能となります。

3.ご利用方法

   通帳の磁気ストライプ修復は、お客さまご自身の操作となります。

  「通帳記帳」及び通帳を使用した「お預け入れ」と「お引き出し」を利用する際に、磁気ストライプが読

  み取り出来ない場合、画面に「この通帳は磁気データが読み取れません」と表示されますので、「修復す

  る」を選択すると具体的な操作画面が表示されます。画面の指示に従ってATMを操作してください。

4.対象ATM

  当金庫の店舗内及び店舗外ATM

  (一部ATMでは本機能は取扱できません。)

  (ご利用いただけるATMは、ATM画面左横に視覚障がい者用受話器が設置されている機種です。)

5.ATMで修復可能な通帳

  ①総合口座通帳、②普通預金通帳、③貯蓄預金通帳

  (①総合口座通帳では定期預金明細の記載状況により、取扱できない場合がございます。)

以  上

ページトップへ